無印のオールインワンは、敏感肌におすすめ!

【年齢】: 35歳
【職業】: 自営業
【オールインワンゲル使用期間】: 2013年11月~2013年12月
【かかった金額(概算)】: 1,000円
【オールインワンゲルの商品名】:
敏感肌用オールインワン美容液ジェル {無印良品}



敏感肌なので、ここ数年は無印良品の基礎化粧品シリーズを愛用しています。特に敏感肌用ケアシリーズは肌なじみも良く、香りもスッキリとしていて気に入っているのですが、朝の忙しい時に「化粧水→乳液→美容液…」というケアが少々面倒で、もう少しケアを簡単にできないかな?と思っていました。 そこで気になったのがオールインワンゲル。ただ、一度友人に借りてDHCの「薬用Qクイックジェル」を使わせてもらったのですが、こちらはちょっと私の肌には合わず、残念ながら一度で使用をやめることになってしまいました。

「肌が弱い私でも使えるオールインワンは無いのかな?」と思っていたところ、無印良品の店舗で見つけたのが「敏感肌用オールインワン美容液ジェル」。ジェルには他のシリーズ化粧品と同様に、岩手県の天然水が使われているというのが選択ポイントのひとつです。まずは店舗のテスターで軽くテストをしてみて、肌に問題が無いことを確認し、購入してみました。お値段が1,000円と手軽なのも嬉しい点でした。実際に使ってみると、思っていたよりはしっかりとしたテクスチャーです。あまりたくさん使うとベタつきが残りますから、朝は比較的軽めに使い、夜はしっかりと肌にマッサージするように乗せていくのが良いように感じました。朝のケアとしては、化粧水の後にこれ1本でOK。夜は今までどおり敏感肌用の化粧水(高保湿タイプ)と乳液のあとで、美容液のように使っています。

何より嬉しいのは、思っていたとおりケアの時間をグッと短縮できるようになったこと。メイクの時間を削ることはなかなかできませんが、基礎ケアの時間を削れると全体の時間をかなり短くすることができます。オールインワンに切り替えると、「今まで、意外と基礎ケアに時間を取られていたんだな」と実感すると思いますよ。また、敏感肌の人にも使えるシリーズなので、肌荒れでピリピリとしやすい時や生理前などで肌が不安定であるときにも使えるのが良い点です。


このページの先頭へ